日岡神社

加古川市加古川町大野 日岡神社
祭礼日:10月第2土日
交通:JR加古川線日岡駅より徒歩10分

安産の神様として有名。天伊佐々彦命、豊玉姫命、市貴嶋姫命(弁財天)などを祭る。氏子は九ヶ村あり、9年に一度頭人の役が回ってくる。かつては大野と美乃利の2台の屋台が出たが、大野は諸事情により練り出しを中止。現在は、加古川総合文化センターに展示されている。

美乃利(みのり)

平成年屋台の大修理を行う際、彫り物から慶応2年の墨書きが発見された。そのため彫り物を残し、その他一式を梶内だんじりで新調した。雲板には獅子が彫られている。狭間は無銘で、「素盞嗚尊八岐大蛇退治」「牛若丸鞍馬山修行の場」「佐久間玄蕃太閤本陣乗り込み」「巴御前勇戦」。
10年程前から毎年練り出すようになったが、かつては9年に一度、当番町の年のみ屋台を出した。担ぎ方にも特徴があり、体を斜めに倒し、腰を入れないで担ぐのがよいとされている。
美乃利屋台
写真提供:ヒゲオヤジさん
牛若丸鞍馬山修行の場 雲板の獅子

inserted by FC2 system